英国発リバティプリントとオーガニックコットンで布ナプキンを作りました。選ぶ楽しさがある布ナプキン専門店です

布ナプキンの洗い方・お手入れ方法 


1.布ナプキンはすすいで軽く経血を落としておきます。専用容器に浸け置き用洗濯液を作ります。アルカリ性洗剤や洗濯洗剤を体温より低いぬるま湯に良く溶かし、ティートリーエッセンシャルオイル等を数適入れます。
 

2. 布ナプキンの汚れた面を下にして半日程度、浸け置きします。経血面を下にすることで汚れが落ち易くなります。
 

3. 浸け置き後、たっぷりのお湯でしっかりすすぎ洗いをします。この時に汚れていた面がヌルヌルとしていたら経血汚れがまだ残っている証拠です。新しく洗濯液を作りさらに浸け置きしましょう。汚れを丁寧に落としておくことで、布ナプキンを清潔に永く使うことが出来ます。
 

4. キレイにすすぎ終わったら適度に絞り、布ナプキンの形を整えて干しましょう。ひと手間ですが、形を整えてから干すことで乾いた後はしわがよりにくく綺麗に使うことが出来ます。
 

布ナプキンを洗うときは、体温より低いぬるま湯にアルカリ洗剤やティートリーエッセンシャルオイルを溶かし布ナプキンを浸け置きします  
つぼみの布ナプキンを干す時には、形を整えてから干しましょう。乾いたとはアイロン要らずです ● リバティプリントは綿なので洗うとしわになり易いと思われがちですが、濡れたうちに形を整えるようにして干してあげるとリバティプリント特有の柔らかくしなやかなタナローンはアイロン要らずできれいに使うことが出来ます。


 
布ナプキンを洗う容器はたっぷりの水量が入るものが良いでしょう
   浸け置き容器
浸け置き容器は、布ナプキンが洗濯溶液にたっぷり浸かることが出来る大きさが必要です。少ない洗濯溶液だと汚れが落ちにくくなります。
布ナプキンを浸け置き洗いする洗濯溶液はアルカリ性洗剤が良く汚れを落としてくれます  
アルカリ性洗剤
経血汚れを落とすのに相性が良い洗剤です。適量をぬるま湯に溶かしいれて布ナプキンを浸け置きしましょう。通常使われている洗濯洗剤と合わせて使うこともできます。
布ナプキンを洗う時の水温は体温より低いものが良いでしょう 洗濯時の 水温
洗濯時の水温は、体温より低い温度で浸け置期しましょう。体温より高いと布ナプキンに付いた経血が固まり布に沈着することがあります。逆に低すぎる水温も汚れ落ちに時間がかかるようです。
布ナプキンを浸け置き洗いするときはティートリーオイルを数適入れると殺菌効果があります ティートリーエッセンシャルオイル
ティートリーオイルを洗濯溶液に数適入れて浸け置きすると、殺菌効果がありにおいも気になりません。
布ナプキンを浸け置き洗いするときにトングがあると便利です トング
浸け置き時の布ナプキンを取り出すときに、トングがあると直接扱わずに済むので清潔で便利です。